葉ログ

何かが落ちてるブログです、拾って帰ってください。

ノーファインダー撮影の写真 ミニトマトの苗に実がつきました。苗デカっ。

 

ミニトマトの苗、デカっ

あんなに小さかったミニトマトのミニ苗が、こんなにでかくなりました。高さ150センチ位でしょうか。まだまだ伸びそうな気配です。今年は、脇芽を放置してますので 枝が増えてアワワワです。

大きく育ったミニトマトの苗の写真

OLYMPUS SP800UZ f/4.9  1/50秒  ISO-50  測光スポット 35ミリ換算焦点距離35mm

一ヶ月前に植えた時は こんなに可愛かったのです。

ミニトマトの定植したばかりの苗

 

苗を定植したときの記事はこちら

www.happablog.com

 

ミニトマトの一番果はどうする?

ミニトマトの一番果は、採っちゃう派 と 放任する派に分かれるようですね。採っちゃう派は、「えー?せっかく実が成ったのに、無くなった。タイヘーン。がんばって花を咲かせなきゃ。」と、トマトさんを騙して 実付きを良くするという考え。放任する派は、「よっしゃ、実がついたぜー。稼がにゃー。」と、実付きに気づかせて、がんばって成長ホルモンを出させようという考え。切株おやじは無計画なので、自動的に放任派になりますね。

 

ミニトマトの花と実

OLYMPUS SP800UZ f/4  1/25秒  ISO-50  測光スポット 35ミリ換算焦点距離126mm

 

おー、いるいる。おるおる。あるある。

ミニトマトの若くて青い実の写真

OLYMPUS SP800UZ f/4  1/20秒  ISO-50  測光スポット 35ミリ換算焦点距離126mm

 

ノーファインダーでの撮影

小さいおじさんになったつもりで、見上げたアングルもいいかもー ということで、カメラを植え込みに突っ込んでの ノーファインダー撮影をしてみました。こんなとき、オートフォーカスは便利ですね。植え込みの中はかなり暗いので、デジカメが逆光被写体を測光して、程よくキレイな白トビ写真ができました。陽に透けたグリーンが とても綺麗です。端っこに写りましたんで トリミングしてます。

 

見上げたアングルでのノーファインダーで撮影したミニトマトの写真

OLYMPUS SP800UZ f/2.8  1/25秒  ISO-50  露出補正+1.3 測光スポット 35ミリ換算焦点距離28mm

 

過去の白トビ写真はこちら 

www.happablog.com

 

おわりに

ファインダーや液晶画面を見ずに撮影するノーファインダー撮影は、被写体がチョン切れます。端っこや 変な場所に写ります。でも、測光やピント合わせはカメラがある程度やってくれます。デジカメなので何枚撮っても安心というのは、本当にありがたいですね。

 

ジャガイモさんがトマトさんを作ってるブログ

musashi1016.hatenablog.com

 

カメラで遊ぼう 若者も使える剛腕+5.0の老眼鏡の活用術 

www.happablog.com