葉ログ

何かが落ちてるブログです、拾って帰ってください。無言ブクマの向こうの心が温かい。

カジイチゴの一番果をおいしく頂きましたのだ。とってもジューシー。

 

カジイチゴの一番果

カジイチゴが実りましたので、五穀豊穣の神様に感謝を捧げつつ、おいしくいただきました。

f:id:masuhiro6595:20190502203056j:plain

 

毎年変わらない爽やかな香り

酸味がほとんどない、さわやかな薄い甘味とフルーティーな香り。

見た目はプリプリの実ですね。

f:id:masuhiro6595:20190502203644j:plain

 食べごろは、実の色が明るくなって透明度が増してからです。

熟すにつれて色が薄くなる感じが、他の果物と少し違いますね。

採るタイミングが早いと酸 味 攻 撃すっぱいアタックを受けるので、用心しないといけません。

熟すとオレンジ色の水滴みたいな実がバラバラになりますので、崩さないように指で優しく包み込み、芯からスポっと抜きます。

手応えは全くありません。

食べてみると、一つ一つのツブツブの中に邪魔にはならないくらい小さな小さなタネが入っていて、独特の歯ざわりです。

 

おわりに

まだ、ジャムを作れるほどの実は熟していません。

いや、今年は全部熟してもジャムには量が足んなさそうですね。

いっぺんには熟さないので、毎日熟した順にパクっしていこうかな。

 

ところで、風がある時のマクロ撮影は難しいですね。

 

 

 熟す前のカジイチゴの若実

www.happablog.com

 

 電子書籍キンドル パソコン版 無料ダウンロード 0円