葉ログ

   変な記事ですみません。何かが落ちてるブログです、拾って帰ってください。葉ログの写真はフリー素材で使用許可は不要です。

福福荘の福ちゃんを観ました。映画レビュー

 福福荘の福ちゃんを観ました

男役の名女優

男の中の漢(おとこ)を見事に演じ切り

男役の名女優の条件は、男を演じきり観客に男の魅力を感じさせることができるかどうか。

いやー、男以外の何者でもない、男の中のおとこを見事に演じ切りましたねー、大島ちゃん。

福福そう

そこらへんにいそうなおっさん、いや、おっさんっぽいお兄さんですね。

男とは、素朴なものです。

男は自信に満ちながらもどこか脆いものですが、危うさを隠そうとする狡猾な輩もいれば、母から受け継いだ素を隠さずに真っ向勝負の誠実な奴もいます。

宝塚の雪組の朝美絢あさみじゅん様を凌ぐ、キラキラ煌めく男役でした。

 

人生は不思議な縁

人生は説明できない不思議な縁が複雑に絡まって、もつれながら、ほどけながら、分かれ道ではかされて、仕方なく先に進みます。

福福そう

荒川良々さん演じるシマッチのお節介もアルアルで、福ちゃん含めこの6人も、腐れ縁です。

 

キーパーソン

福ちゃんの幼馴染の美女。水川あさみさん演じる千穂ちゃん。

この映画のキーパーソンです。

福福荘の福ちゃん
紆余曲折を経て、絡まって固着した糸が次第に解れていきます。

 

ぎゃー、やられたー。福ちゃんの受難。

 

友人に恵まれた福ちゃん。お見舞いのシーンで素敵な一言をスルー、聞かなかったことにする二人。だよなー、いーなー。

 

カレーライスには、水がないとね。

言葉は無くても想いは届く。胸キュンキュンのエンディングをありがとう。

 

 おわりに

忘れていたときめきを、思い出させてくれる名作でした。

くどいけど、大島さん、名男役です。

 

おまけ 

この映画を見たくなったら、こちらから。(*´▽`*)

アマゾンプライム
Prime Video

www.happablog.com

 

アマゾンプライム
Prime Video