葉ログ

   変な記事ですみません。何かが落ちてるブログです、拾って帰ってください。葉ログの写真はフリー素材で使用許可は不要です。

素人による筆ペン上達レクチャー 第二章【運筆】

 

(約700文字)

織田信長の家紋
織田信長の家紋「織田木瓜おだもっこう

素人による筆ペン上達レクチャー

 

「素人による筆ペン上達レクチャー」では、文字の形の美しさは潔くあきらめ、自分の字の個性はそのままに、いかに上手に見えるかを考察して参ります。

前フリ記事はこちら

① 素人による筆ペン上達レクチャー【前書き】 一緒に筆ペン上手になろう。

② 素人による筆ペン上達レクチャー 【第一章】 筆圧

 

【第二章】運筆

運筆とは

運筆とは筆運びのことです。筆が動いた軌跡に無理がなく、なめらかに書けた文字はどこか美しく感じます。

文字を書くのは、ダンスに似てるかもしれません。肩と肘と手首を軸にして回転して踊る筆先。紙は平面ですが、筆は座頭市の刀の舞のように立体に動いているのです。

一筆、書いてみました。

筆文字 織田信長

 

筆の軌跡

筆の軌跡はこんな感じです。

空中でも「筆圧ゼロ」で文字を書いている感覚です。

織田信長の織の書 運筆の軌跡

線から線や点への筆先の移動が、遠回りしているのがお分かりいただけますでしょうか。ぐーんと回って飛行して着陸するイメージですね。

お手元に筆ペンがあれば、何か文字を書いてみましょう。大げさに、ぐーんと回って着陸です。

 

練習のコツ

ここでも「カッコつける」が重要。私は上手いんだと自分に言い聞かせて書いてみましょう。初めゆっくりと、だんだん速くしていきましょう。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。次回【第三章】では、筆文字を書く時に何となく不揃いの見た目になる宛名や住所、手紙本文などを小細工して体裁を整えるズル技です。

どうぞ、お楽しみにー。 (っ'-')╮=͟͟͞♡ウケットッテ

 

生産性はないけど、自然を面白がる記事はこちら

www.happablog.com

 

アマゾンプライム
Prime Video