葉ログ

   変な記事ですみません。何かが落ちてるブログです、拾って帰ってください。葉ログの写真はフリー素材で使用許可は不要です。

猫侍 南の島へ行く 玉之丞という幸猫 映画レビュー

 猫侍、南の島へ行く

猫侍、南の島へ行く

 

今週のお題「もう一度見たいドラマ」

 

玉之丞という幸猫

猫侍、南の島へ行く

 

劇場版 猫侍 南の島へ行く

無双一刀流免許皆伝の腕前で“まだら鬼”の異名を持つ剣豪だった斑目久太郎(北村一輝)は、江戸での仕官が叶わず、今は故郷・加賀藩で姑・タエ(木野花)の恨み節を背中に浴びながら浪人生活を送っている。 

そんなある日、タエが、四国・土佐藩の剣術指南役の話を持ち帰ってくる。単身赴任に気乗りしないながらも、久太郎は愛猫・玉之丞を連れて土佐へと旅立つが、船着き場を目前にして謎の忍者(木下ほうか)に荷物を盗まれ、分身の術に惑わされている間に四国行の船が行ってしまう。実は、久太郎と妻・お静(横山めぐみ)の離縁を目論むタエが、忍者と裏で手を引いていたのだった。

それでもなんとか小舟に乗り込み土佐を目指す久太郎は、空腹やゲリラ豪雨に耐えながらも島を発見。だが四国だ、土佐だと喜んだのも束の間、それは島ではなく巨大なクジラだった…。(C)2015「続・猫侍」製作委員会

監督 渡辺武出演 北村一輝, LiLiCo, 髙山善廣

ジャンル コメディ

オーディオ言語 日本語

 

猫侍、南の島へ行く

 

臨兵闘者 皆陣列在前

読みは、りん・びょう・とう・しゃ・かい・じん・れつ・ざい・ぜん。

猫侍、南の島へ行く

意味は「激強の俺はテメーの前に立ち塞がってるんだぞ。命だけは助けてやるから、恥かかないうちにどっか行っちまいな!」

 

土佐行きの舟、まさかの、れんたる!

 

猫侍、南の島へ行く

 

武士は食わねど・・・猫には食わす!

 

猫侍、南の島へ行く

 

 

猫侍 南の島へ行く

「お前たちの、その根拠のない自信はどこからくるのです。」

「分かります。家族ですから。」

 

 

「猫も家族だ。」

 

「仕方ない。少し付き合ってやるか。」

 

「便りの無いのは良い便りと言うではありませんか。」

「父上は、お強い人です。それに、玉之丞がついているではありませんか。」

 

猫侍、南の島へ行く

リリコさん、濃いなー。

 

猫侍、南の島へ行く

バナナンばななん、ばななー。

 

 

猫侍、南の島へ行く

 

おわりに

猫侍、南の島へ行く

まー、ニャーン。(^^♪

時に、ニャーン。(^^♪

兎に角、ニャーン。(^^♪

松崎しげる様、素敵すぎ!これができるなんて、オトナ!

エンディング、見てね。(*´▽`*)

 

おまけ

ツッコミどころ満載の映画ですね。くだらない事もてんこ盛り。

ツッコミどころを列挙して遊ぶのもいいかなー。(*´▽`*)

観ようによっては、なかなか、楽しめる映画でございました。

 

この映画を見たくなったら、こちらから。(*´▽`*)

アマゾンプライム
Prime Video


www.happablog.com

 

アマゾンプライム
Prime Video