葉ログ

   変な記事ですみません。何かが落ちてるブログです、拾って帰ってください。葉ログの写真はフリー素材で使用許可は不要です。

昔、飼っていたかもしれないような猫 

 昔、飼っていたかもしれないような猫

クロネコ祐希の写真

撮影機材:OLYMPUS SP800UZ 絞り値:f/4.2  露出時間:1/60秒 ISO-100   35ミリ焦点距離228

黒猫のクマ

ク~マ~と呼べば来たクロネコ

 切株おやじがまだ小学生だった昭和の頃に近所にいた黒猫。亡き母が名付けた名前は「クマ」だった。  

「ク~マ~ァ~」と呼べば何処からともなくニャ~ンと返事して現れるクマ。  

機敏な動きで小柄な体だった。彼はまだ、若かったのだろう。あれっ?ふぐりの記憶が無い。もしかして彼女だったのかも知れない。

クマが現れると、今では考えられないようなヤバいゴハンをあげていた。それは食パンだったり、味噌汁ゴハンだったり。・・・昭和だった。

 

クマとの別れ

犬の声がした。

たくさんの犬の声がした。

とても近くで、興奮している犬の声がした。

玄関を開けると数匹の犬が、かたまっていた。

そして、突然現れた子供に驚いて散った。

ばらけて散った犬どもがそこに残したのは、目を見開いて固まった黒い猫だった。

クマの踏ん張った前足は次第に力が抜け、玄関前の小さな溝に崩れ落ちる。

 

俺は無力だった。

 

クロネコ祐希が来た

数年前、家を購入した。

娘が猫を飼いたいと言った。

猫は家を傷める。思わず俺は、「ダメだ。」と言った。

しかし、娘がチョイスした猫は黒猫だった。

想いは一瞬に心を舞い巡り、「黒猫ならイイ。」と、言ってしまった。

 

ゴーストタビーのクロネコ祐希くん

www.pet-home.jp

 

昔飼っていたような猫は黒猫だったよね。

www.youtube.com

とても好きな歌です。

 

おわりに

歴史は繰り返すのかなー。

クロネコ祐希はクマの生まれ変わりのような気がしてなりません。

素敵で幸せななトコだけ、歴史は繰り返して欲しいなー。

www.youtube.com

 

後日談

小学生だったクソガキは、竹で弓矢を作った。

矢の先端には、先端を刃物のように平たく潰した二寸釘がセットされていた。

野良犬どもを殺すつもりだった。

今、思えば人でも殺せそうな武器だった。

幸いにも、使う機会は無かった。

 

 

www.happablog.com

 


Prime Video