葉ログ

  変な記事ですみません。何かが落ちてるブログです、拾って帰ってください。葉ログの写真はフリー素材で使用許可は不要です。

「漆(うるし)ペン」という専門道具。漂々としたドラゴンの武勇伝③

 「漆(うるし)ペン」という専門道具

f:id:masuhiro6595:20200707165055j:plain

 

仏具店にいたドラゴン

 

とりあえずブックマークすると後でゆっくり読めまーす。
このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント無しでも嬉しいな。  

 

普通にそこらへんに居そうなやつ

スリム体形のドラゴン(♂)の、「ふふん」という鼻で笑う態度は嫌いじゃなかった。

黒ぶちメガネは似合っていたが、外した方がいい男だった。

会話は一呼吸置いて返ってくるような、物静かな男だった。 

 

仏具店に勤務のドラゴン

ドラゴンは仏具店で働いていた。

なんか場違いな職場だなと思った。

しかし、どこか問題がある人間かもしれないが、根が真面目で暗い彼にはピッタリかもしれなかった。もの静かな男だったから。

 

雑談

雑談

「仕事、忙しいだろー?」

「あー、ずっと忙しいぜー。」

「頑張ってるみたいだなー。」

「ぜーんぜーん。」

「大変なこともあるんだろーなー。」

「大変なことはないぜー。楽勝、楽勝。(笑)。そう言えばさー・・・。」

 

業界の裏話

「ここだけの話だけどさー、 うるしペンってのがあってさー。(クスクス)」

 「漆ペン?」

「そー、漆ペン。仏壇を運ぶ時にさー、当てちゃう時があるんだー。柱にちょこっとコンっとかさー。」

「おうおう。」

「でね、そん時ついちゃった分かるか分かんねーくらいの小傷がねー、ちょこっと見える時があるんだけどさー、そこをウルシペンで修復するんだー。」

「漆のペンって凄げーじゃん。」

「だろー、どうかすると100万円越える高っけー仏壇だからなー。大事にしないとな。これが漆ペンさー。」

ドラゴンがポケットから取り出した漆ペンを見た俺は、開いた口が開いたままだった。

 

 

 

 

 

 

おわりに

それぞれの業界で、それぞれの創意工夫が世の中を支えて回してるんだなーと実感した瞬間でした。

 

 

www.happablog.com