葉ログ

  変な記事ですみません。何かが落ちてるブログです、拾って帰ってください。

バッテリー上がり事件簿 車はムチで打たれた。小説「信長の弟」書評

 

バッテリー上がり事件簿

これは10年前の出来事です。

ブックマークすると後でゆっくり読めまーす。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ショッピングビルでのバッテリー上がり

予兆

休日の爽やかな午後。駅ビルに用事で向かう国道の流れはスムースだった。

道ノ尾交差点

黄信号は止まれだが、速めの流れの中、大きな交差点にはあまりにも近づきすぎていた。前後を車に挟まれたまま、黄信号を何事も無かったように通過する。何気ないよくある状況だが、知らない誰かが俺を叱る。カンッ!車の腹を叩かれた?硬い何かで床を下から叩くような大きく響く金属音に一瞬固まり、ルームミラーで通過した路面を見るもそこには何も見つけられなかった。

 

駅ビル

駅ビルの駐車場は込み合っていた。

アミュプラザ駐車場

ぐるぐると回らされ、駐車できたのは駐車場の4階。ふう。用事を済ませて来よう。

エンジンがかからない

辺りも薄暗くなり入道雲もシルエットに変わる頃、用事を済ませ車に戻る。キーを差し込み、セルを回す。キュル、キュ、沈黙。うっそー。もっかい、キュル、キュ、ン。ン。ン。エンジンがかからない。さては、どこかランプを消し忘れていたか?いや、車に戻った時、かなり暗かったが灯りの気配はなかった。心当たりはないが、明らかにバッテリー上りだった。

エンジンをかける

ブースターケーブルを積んではいるものの、知らない誰かに助けを頼めそうにもない。狭いぐるぐる駐車場の4階までJAFを呼びたくもない。何より、次の待ち合わせまで時間がないんで、JAFなんか待てない。たった一人で駐車スペースから強引に出して押しがけできる体力もない。最後の手段、充電済みのバッテリーと交換しよう。

幸い、駅前にはガソリンスタンドがあった。新しいバッテリー手に入れ、薄暗い駐車場で怪しげに動いたおっさんは、なんとか脱出できた。

 

自宅

用事を全部済まし、自宅へ戻ったのは午後8時を回っていた。空のままではイカンと思い、交換して外したバッテリーを充電器につないで充電する。めんどくさい一日だった。

翌朝、出勤のため車に乗ると、またエンジンがかからない。昨日交換したばかりの新品バッテリーが上がっている。慌てて昨夜充電した古いバッテリーと交換して出発。俺は狙われている?不安なので空になった新品バッテリーと充電器も車に積み込む。なんとか、遅刻は免れた。

 


【PR】 バッテリー充電器  大自工業{SC-1200[9186]}

職場

出勤してすぐに、充電器に昨日購入した新品バッテリーを繋いでみる。電圧は激下がりしていたし、帰りが心配なのでそのまま充電器につないでおいた。退社時、念の為バッテリーを交換する。俺の愛車はどうなってしまったんだー。また、オルタネータの故障かー。ドック入りを覚悟した。この日を境に一週間ほど、毎日、朝夕二回のバッテリー交換は続いた。ソレデノレルンデスモノ。

 

頼りになる弟

弟に愛車を見てもらうと、オルタネータベルトが切れて無くなっていることが判明。そうか、あの時、車の腹を鞭打って飛んで行ったのはベルトちゃんだったのね。弟は整備士の免許こそ持ってないものの、車検から修理調整、板金塗装までこなす変人。弟から、ここでベルトを買って来いと言われた部品屋さんへ行き、500円ちょいで新品のオルタネータベルト2本を購入。弟が取り付けてくれた。兄弟っていいな。

 

小説 信長の弟

 ズル残業を決め込んでいたサラリーマンが、居眠りの隙に戦国時代にタイムトリップして、命がけで生き延びる策を巡らす物語。生まれ変わったのは殺されるハズの信長の弟、織田信行であった。読者の五感に届く描写と、現代の企業戦士が知力と機転で問題を解決していく様は、どこか心配で痛快でもあります。(*´▽`*)


【PR】信長の弟 織田信行として生きて候 1【電子書籍】[ ツマビラカズジ ]

 

戦国転生物語の傑作ブログ

funyada.hatenablog.com

 

おわりに

車の不調は突然来ることがありますよね。予期せぬ出来事が起こった時に、どう対処できるかが人の値打ちを決める。まー、いつも結果オーライなんですけど。

 

 

www.happablog.com