葉ログ

何かが落ちてるブログです、拾って帰ってください。ブクマとブコメは私を救う。(*´▽`*)

日本硬貨の緑青サビを落とすのはサンポールがイチ押し。銀行が受け取り拒否した10円玉はこうなった。

 10円玉をキレイにするというミッション

歌唱力を誇る日本を代表するシンガーの一人、尊敬する松崎しげる様のような10円玉がいっぱい。

写真に撮りそこないましたが、緑色のサビにまみれた強者もチラホラ。

f:id:masuhiro6595:20190130230410j:plain

でね、銀行に入金に行ったら、緑青以外にもベトベト感とかあって、あまりの汚さに機械が受け付けないんで「洗ってきて下さい。」だって。

うっそー!

数えるのメンドッチーんで、途中でやめちゃいましたけど、3000円位はありそうです。

 

たのみのツナは「酸」

銀行にお使いに行ってくれた機転のきくK美ちゃんは、コーラを買ってきてくれました。

コーラで漂白ーっ!

いやいや、酸なら「酢」でしょ。

あーだこーだで、どうせなら横綱クラスのケミカルでいこうと、塩酸、硫酸、王水と候補が上がるも、買えない壁が立ちはだかります。

じゃ、なんなら買えるんだっ!

 

サンポールなら買えます

酸性のサンポールなら買えるってことで、コープへ。

税込み210円でした。

酢は、倍以上高価です。

バケツの十円玉コロニーへ、ドバドバ、ゴバっ!

これをうっかり買うと送料率が大きすぎるスポンサーリンク


サンポール 500mL

 

十円玉はミソギをすませ、キレイになりました

水と1:1の濃度のサンポールに約2時間漬け込み、すすぎます。

おー、なんとキレイ。

ホホを染めた恥じらい十円玉の皆さまが現れました。

f:id:masuhiro6595:20190130233753j:plain

磨き上げてはいないのでキラキラの金属光沢こそありませんが、効果はあからさまでしたね。

 

おわりに

昭和29年と昭和30年のギザジューがまぎれ込んでました。

60年以上も現場で活躍してくれて、ホントお疲れ様で酢。

自販機も受け付けしてくれなさそうな、洗浄後もあまりに症状がひどい個体は、自動レジでないお店でマネーロンダリングしようかな。

 

蛇足

十円玉の漂白に使えそうな身近なもの。

・コーラ

・醤油

・ソース

・ケチャップ

・クエン酸

・レモン

 

普通、漂白する必要はまったくナシと思われ。

 これをうっかり買うと使い切れずに断捨離に逆行するスポンサーリンク


【トイレ用洗剤・ケース販売】KINCHO(金鳥) サンポールK 500ml 24本(1ケース)