葉ログ

ようこそ葉ログへ。庭いじりと猫とリクガメのブログです。ごゆっくりどうぞ。

庭の害虫 ウメエダシャク カメムシ カブラハバチ

ウメエダシャク

小雨の中、梅の葉にチョウチョが止まってました。

あれっ、チョウチョじゃないな。

遠目ではチョウチョに見えましたけど、蛾ですね。

 

f:id:masuhiro6595:20180531133502j:plain

 (写真クリックで拡大)

ウメエダシャク。

シャクトリムシはときどき見かけてましたけど、大人になるとこんなになるんですね。

もう産卵済みかもしれないので、いまさら手遅れかなとも思いますけど、指弾きで粉砕駆除しました。

瞬殺です。

 

f:id:masuhiro6595:20180531134553j:plain

こないだ心配したとおり、梅の実に黒テンテンが増えてきたなー。

(;´д`)トホホ。

 

 

 ヘリカメムシ

うちの庭には、色んなカメムシが普通にいます。

 

f:id:masuhiro6595:20180529191654j:plain  

ヘリカメムシがアップルミントの葉にいました。

まー、アップルミントはいっぱい生えているんで、カメムシが大量発生しなければ放置です。

カメムシはハーブが嫌いといわれますが、ミントにはカメムシ忌避効果は無いのでしょうか。

うちのアップルミント、結構、強い香りなんですけどね。

 

この子は、指で弾いて遥か彼方へ。

瞬時対応で、臭い匂いを出す隙を与えません。

捕殺も一瞬でできれば、臭い匂いを出す前にやっつけられます。

うちの地方では、カメムシのことを「へっぷり虫」「へっぴり虫」とかいいます。

一部のご年配の方は、カメムシのことを「フー」と呼びます。「フー虫」とか。

とにかく臭いですよね。

 

一昨年は、グリーンカーテンに「葛 クズ」を設置していました。

葛はマメ科なので、マルカメムシのハーレムと化してしまいました。

体長5ミリくらいのこんもりした褐色のカメムシです。

マルカメムシを毎日10匹前後 捕獲して、それが一ヶ月以上続きました。総数300匹を超えたんですね。

捕獲方法は、ピンセットと計量スプーンです。

マルカメムシの下方に水を入れた計量スプーンを忍ばせて待ち構え、ピンセットで捕獲。

半数以上がピンセットでつまめず、ポトリと落ちて逃げます。

落ちた先には、計量スプーンが待ち構え、ポチャン捕獲。

そういう訳で、グリーンカーテンは昨年からジャスミンに植え替えております。

  

アリさんも写ってますけど、こいつらもある意味、害虫。

アブラムシ(アリマキ)をくわえて、作物の柔らくて美味しい先端へ配置します。

植物にアリの列ができてたら、その先はアブラムシ牧場の可能性大です。

クサギカメムシ

シマトネリコの幹にいたクサギカメムシ

f:id:masuhiro6595:20180628102302j:plain

カメラ見てますね。

f:id:masuhiro6595:20180628102346j:plain

f:id:masuhiro6595:20180628102500j:plain

臭さは他のカメムシに負けません。冬場は家の中にも入ってくるいやな奴です。

 

チャバネアオカメムシ

f:id:masuhiro6595:20180628103431j:plain

シマトネリコにいた、チャバネアオカメムシ。

飛ぶのも得意な、臭いヤツ。

夜には網戸にいっぱい来て困ります。

 

カブラハバチ

コマツナを食害するカブラハバチの幼虫。

f:id:masuhiro6595:20180628104017j:plain

別名 ナノクロムシ(菜の黒虫)ともいいます。

緑色の葉の上や縁で比較的見つけやすい害虫です。

ピンセットで捕殺します。

ピンセット攻撃 一打目を外すと、ポロッと落ちて丸まり、土の上で見つけるのにホント苦労します。

 

 スポンサーリンク 

ねこもに

フタトガリコヤガ

オクラの葉っぱに害虫発見。 (´-ω-`)

 

f:id:masuhiro6595:20180710124547j:plain

なんか、虫食い穴が増えてきたなと思いつつも、見つけきれなかった害虫を、やっと発見しました。

体長4センチくらいです。

まだ、まだら模様が出る前の幼虫のようですね。

ピンセットで捕殺しました。

 

スポンサーリンク

カメムシいやよ~[カメムシ対策 カメムシいやよ]

価格:840円
(2018/5/30 07:21時点)
感想(11件)

 

毛髪再生 Subscribe in a reader